マンスリーマンションは貯金があまりなくても住めて家具・家電を買い揃える必要もなし


クレジットカードのリボ払いを利用する

一般賃貸住宅とは、最初に礼金・敷金・仲介料(大体家賃一か月分)・初回家賃などを一括に支払う形になります。そして支払いについては銀行振り込みを求められるため、貯金がほとんどない中で一般賃貸住宅に住むのは実は困難です。一方、マンスリーマンションに関しても、一括前払いが中心となっており、一見すると多額の貯金がないと住めないように見えます。しかし、クレジットカード払いをする場合は申し込み段階では一括払いしか選択肢がなくても、実は「あとからリボ」システムを利用して後日にリボ払いに切り替える事が可能です。

そのため、一括前払い式のマンスリーマンションとは実はほとんど貯金がない中でも入居する事が可能です。ただし、リボ払いは支払期限はないものの利用期間が長くなるほど返済額が膨らんでいきます。そのため、マンスリー物件を利用して一人暮らしを開始した場合は積極的にバイトをして早く完済する努力をしましょう。

家具家電付きなのがうれしい

一般賃貸物件とは、基本的に家具や家電がまったくない状態で引き渡されます。一方、マンスリーマンションはグレードによって程度の差はあるものの部屋利用料の中に家具・家電利用料も含まれているため自分で買い揃える必要はありません。そういった意味でも、一人暮らしを始めたいけど、色々なものを買い揃えるお金がない若年層にはおすすめの存在です。その他、1年間の単身赴任をする人が、一般賃貸住宅に住んで家具・家電を買い揃えてしまった場合、単身赴任期間が終了した時に処理に困ります。そういった意味では、家具・家電があらかじめ付いているマンスリーマンションは単身赴任が決まったサラリーマンにとっても強い味方といえます。

マンスリーマンションは、月単位で入居契約を結べるため、住宅工事中の仮住まいや単身赴任、観光旅行など様々な用途に活用できます。