食育に力を入れる保園が増加!給食やおやつタイムに保育士が行うこととは?


子どもの食事状況を見守る

健康な心身を育て、守っていくために、正しい食事習慣を身につけていくことは大切です。保育園でも食事に関するさまざまな知識や体験を育む食育に力を入れているところが増えています。給食を園内の調理室でつくっている場合、園の栄養士が考えた献立に沿って、調理員が作り、保育士も休憩時間にそれを食べることになります。昼食の時間には、食事用のエプロンや三角巾をつけて、園児たちの食事の準備にとりかかりますが、まずは、食事前の手洗い指導を行い、自分できちんとできる年齢になれば、きちんと洗えているかの見守りを行うのが一般的です。

食事の仕方は、園により異なりますが、保育士が一人ずつ配膳したり、自分で好きな量を盛り付けて食べたりします。0歳児クラスでは、それぞれ一人ずつ対応していきます。食事中は、しっかり食べているかを見守り、あまり食べていない子供には話しかけたり、食べるのを手伝ったりするのが保育士の仕事です。

食べることの楽しさを教える

保育士には、食べることの楽しさを知ってもらう工夫が求められています。たとえば、嫌いなものを食べてもらう工夫として、毎日、クラスに一人だけ星形の野菜を入れていたりします。星形の野菜がはいっている子は、大喜びで、野菜が苦手な子でも食べてしまいますし、毎日、今日は自分のところにはいっているかなとワクワクしながら食事の時間を迎えることができるわけです。

成長期の子ども達というのは、たくさんの栄養が必要です。けれども、小さいうちは、消化吸収機能の未発達により、一度に多くのものを食べることはできません。そのため、食事だけでなく、おやつの時間も設けられており、保育士はしっかり食べているかを見守ることになります。

保育士の派遣を大阪で募集している保育所では、やる気がある新卒者や、実務経験が豊富な管理職に対する需要が高まっています。