こうすれば見つかる!やりたい仕事を探すコツ!


まずは分析から始めよう!

「やりたい仕事が見つからない」と嘆く人は、理由を分析することから始めましょう。書類選考の時点で落とされている場合、応募条件をきちんと確認しましたか。資格が必要であったり、年齢制限があったりして、自分がその条件を満たしていない時でも、どうしてもその職に就きたいのであれば、応募書類の書き方を研究することが重要です。なぜなら、応募条件は満たしていないけれど、それを十分にカバーできる人材であると思わせる必要があるからです。もし、面接で落とされるのなら、自己PRが弱い可能性があります。自己PRに活かせるように、しっかりと自己分析を行いましょう。自分の強みがよくわからない時は、他己分析が役立ちます。

求人自体が見つからない?

求人を見つけられない原因は、希望条件を細かく絞りすぎているからではありませんか。求人サイトを利用して求人検索をする際、希望条件の優先順位をつけることをおすすめします。そして、自分が許容できる範囲内で、希望条件の設定を少しずつゆるめて検索を続けてみましょう。視野を広げてみることで、よい求人に出会える確率が高まりますよ。

やっぱり口コミ情報は大事!

「やりたい仕事や希望の業種が決まっているけど、なんだか不安」という人は、その業界や会社の口コミが参考になります。本当は、そこで働いている人から実際に情報を聞ければいいのですが、そのような機会は僅かでしょう。しかし、口コミサイトを利用すると、そこで働く人のリアルな情報を知ることができます。働く人からのリアルな会社の評判は、求人情報と併せることによって、求職の良い判断材料になります。

外国人の人材を積極的に採用しているサンキョウテクノスタッフでは、登録従業員の中で日系ブラジル人が約7割を占めています。